読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1026904
0
植草甚一WORKS1映画と原作について考えてみよう
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
宝石と文学

『植草甚一WORKS1映画と原作について考えてみよう』
[著]植草甚一 [発行]近代映画社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 映画で宝石が出てくる度に、ヨーロッパの上流社会がスクリーンを通して目に浮んでくる。最近では「男の争い」「悪の決算」に宝石が中心テーマになっていたが、「泥棒成金」では宝石泥棒が頻発すると同時に、ルイ王朝時代の仮装舞踏会で宝石首飾りが、クローズ・アップされていた。

 ヒッチコックは、むかしから上流社交界の消息に通じていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1037文字/本文:1197文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次