読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1027551
0
オカルトの大疑問
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
タヌキやキツネが人を化かすといわれるのは?

『オカルトの大疑問』
[編]ミステリーゾーン特報班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 昔から、タヌキやキツネは、人を化かすといわれてきた。とくに、江戸時代の読み物には、狐狸(こり)に化かされたという話がたくさん出てくる。

 たとえば、若い女性が、相手の男性をタヌキが化けた姿とは知らず、一緒に首をくくって心中する話がある。夜が明けて、村人が通りかかると、その女性と小さなタヌキが首をくくって死んでいたという筋書きである。

 また、落語にも、『七度狐(しちどぎつね)』といって、旅人が草むらに投げた小石が、寝ていたキツネの頭に当たり、仕返しにだまされるという話がある。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:526文字/本文:765文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次