読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1027556
0
オカルトの大疑問
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
有馬の化け猫騒動はどのようにして生まれた?

『オカルトの大疑問』
[編]ミステリーゾーン特報班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 江戸時代に、講釈師の語りで有名となった話に、有馬(ありま)の化け猫騒動というものがある。

 久留米(くるめ)藩の九代藩主、有馬頼貴(よりたか)が結婚したとき、夫人の里から関屋(せきや)という一人の女中がついてきた。そんなある日、宴の席に、猫を追いかけて犬が飛び込んできた。追われた猫が頼貴の後ろに隠れたので、興奮した犬が頼貴に飛びかかろうとした瞬間、関屋がその犬を打ち殺したのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:502文字/本文:694文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次