読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1027564
0
オカルトの大疑問
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ファラオの呪いは本当にあったのか?

『オカルトの大疑問』
[編]ミステリーゾーン特報班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 古代エジプト第一八王朝ファラオ、ツタンカーメンの墓が、発掘されたのは、一九二二年のことだった。

 イギリスの考古学者ハワード・カーターの指揮する調査隊が、墓をほぼ完全な形で発掘。有名な黄金のマスクをはじめ、数多くの副葬品を発見した。

 ところが、その発掘から一年もたたないうちに、調査隊のスポンサーで、墓の開封にも立ち会ったカーナヴォン(きょう)がツタンカーメン王の頬の傷と同じところを蚊に刺されて敗血症になり急死した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:776文字/本文:986文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次