読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1027573
0
オカルトの大疑問
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
怪僧天海が江戸の町にかけた呪術って?

『オカルトの大疑問』
[編]ミステリーゾーン特報班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 天海(てんかい)は、江戸初期に活躍した天台宗の高僧。江戸幕府が二六〇年間も続いたのは、彼の呪術のおかげだという説がある。

 天海は、初代将軍の家康から孫の家光の世まで三代にわたって、ブレインとして政治に参加。とくに、江戸の都市計画の面でさまざまな助言をした。そのさい、天海は、古代都市にならって江戸の町に呪術をかけたというのだ。

 東京の地図を思い起こしてほしい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:694文字/本文:875文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次