読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1027630
0
オカルトの大疑問
2
0
1
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
昔の人々は、なぜ北斗七星を信仰したのか?

『オカルトの大疑問』
[編]ミステリーゾーン特報班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 陰陽道(おんみょうどう)では、星も神々とし、北極星が最高位の神になる。すべての星は、北極星を中心にめぐるからだ。

 北極から少しはずれる北斗七星は、北極星より一段低い神になる。だが、人々の信仰をもっとも集めたのは、北斗七星のほうだった。

 北極星が全宇宙を支配するのに対して、北斗七星は人間の運命をつかさどる神とされていた。つまり、寿命、死後生、富貴貧賎(ふうきひんせん)など、個人の運命に直接かかわってくる神だからである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:341文字/本文:552文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次