読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1027834
0
植草甚一WORKS2ヒッチコック、ヒューストンら監督たちについて
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
映画芸術家研究 ジョン・ヒューストン物語 第一回

『植草甚一WORKS2ヒッチコック、ヒューストンら監督たちについて』
[著]植草甚一 [発行]近代映画社


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 近く「白鯨」が封切られるので、ここでジョン・ヒューストンを取りあげるわけであるが、どう書こうかと考えながら、最初のプランを思い切って捨て、第二のプランでいくことにきめた。それというのも「白鯨」を見て感心してしまったからである。

 第一のプランは、いままでの監督作品を振返ってみながら、ジョン・ヒューストンの特質を引き出してみることで、編集部でも代表的場面をすでに揃えてある。第二のプランというのは、グレアム・グリーンが単行本になったとき読んで『ハリウッドでは、こんなにまで一流作品をズタズタに切ってしまうのか!』と驚いた「ピクチャー」という本から、ジョン・ヒューストンを理解してみたいということである。

 この「ピクチャー」は、単行本になる前にニューヨーカー誌に九回に亘って連載されたもので、筆者はリリアン・ロスという同誌の婦人記者、非常に面白いもので、一九五二年に雑誌に連載されたときは「作品番号一五一二」となっていた。これを読むと、ハリウッドにおけるヒューストンの立場がよく分かるのであるが、全部を訳せば五百枚以上になるので、どうにも手が出ない。しかし「白鯨」を見たあとでは、まがりなりにも、この本にどんなことが書いてあるかを紹介することが、ジョン・ヒューストンを知るうえで最も参考になるという気がしたので、思い切ってやることにしたわけである。



 リリアン・ロスは以前からジョン・ヒューストンを知っていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5138文字/本文:5742文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次