読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1027835
0
植草甚一WORKS2ヒッチコック、ヒューストンら監督たちについて
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
映画芸術家研究 ジョン・ヒューストン物語 第二回

『植草甚一WORKS2ヒッチコック、ヒューストンら監督たちについて』
[著]植草甚一 [発行]近代映画社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


●クロース・ショット――臆病兵の顔。(誰だっ!)
●ミディアム・ロング・ショット――反対の河岸――南部訛りの声がする。
(俺だよ! へなちょこさん。赤い小さなバッジが欲しいのかい。でなかったら、引っ込んでおいで。月の光で丸見えだよ。へなちょこさん)

 撮影台本は九十二頁で、ショット数は三百四十四あった。リリアンは二時間ほどで全部読んだ。原作者が描いたのと同じように、ヒューストンも臆病兵である若者の眼に映じた戦争を映画で描こうとしている。

 このとき、ヒューストンの新妻リッキー・ソマがやってきて、リリアンを奥の部屋へ案内した。リッキーは丸顔の素晴しい女性で、美しい黒髪を額のまんなかで分け、後ろで束ねてある。以前はニューヨークでバレエ・ダンサーをしていたが、いまは舞台女優である。部屋の壁には馬の写真がいくつも額縁のなかに入れてかけてある。それに混じってヒューストンと父親が一緒にいる雑誌からの切抜き写真。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3167文字/本文:3568文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次