読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1027889
0
植草甚一WORKS3気になる男優たち、そして映画界の動向
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
スタンリー・コワルスキーという男 そしてマーロン・ブランドの演技

『植草甚一WORKS3気になる男優たち、そして映画界の動向』
[著]植草甚一 [発行]近代映画社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 テネシー・ウィリアムズの「欲望という名の電車」がニューヨークのバリモア・シアターで初演されたのは一九四七年十二月三日であった。大変な評判で、戯曲も単行本となってニュー・ディレクション社からすぐ出た。私はこれが読みたくて堪らなかったが、当時は欲しい外国新刊書がすぐ手に入るわけがなく、しかたなしにGHQの演劇課から借りて読んだ。そしてやはり感心してしまった。

 この初演の四日前にウィリアムズはニューヨーク・タイムズの演劇欄に手記を発表したが、この全文がストーリーという雑誌にあらためて掲載された。そのなかで、彼はこう言っている。

 ――芸術家が現実を発見することが出来て、そこから満足が得られるのは、作品のなかにおいてだけである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1259文字/本文:1573文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次