読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1027978
0
20代、結婚までに知っておくべきお金の使い方
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 前半戦 衣・食・住、心を満たしたまま節約する方法

『20代、結婚までに知っておくべきお金の使い方』
[著]野瀬大樹 [著] 野瀬裕子 [発行]クロスメディア・パブリッシング(インプレス)


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


続けること、やめることを3つずつ決める

 では、この2章では日々のムダづかいをストップさせる方法を考えていきましょう。

 家賃、食事、服、トイレットペーパー、本、映画、缶コーヒー、お菓子、化粧品……私たちの毎日の支出は様々ですが、大きく分ければ2種類です。

○1 どうしても必要なもの(どうしても好きなもの)

 まず1つ目が、どうしても必要なもの、あるいはどうしても好きでやめられないもの。

 たとえば、小さいころからモデルルームを見るのが大好きで、インテリアにも興味がある人がいるとします。家具屋さんのショールームに行けば心が躍り、オシャレな部屋に戻ると毎日の仕事の疲れが吹き飛びます。

 しかし、ある節約の本を読んだ影響で節約や貯金のために小さな築30年のワンルームマンションに住むことにしました。確かにお金は多少貯まりやすくなりましたが、この人はそれで本当に満足なのでしょうか? いえ、多分どこかで無理をしているはずです。

 この人の場合、多少お金を出しても素敵な部屋に住むことで、毎日笑顔で過ごし仕事を頑張る気持ちがわいてくるでしょう。仕事にも身が入り、成果を出し、のちのちの収入アップにつながったかもしれません。

 このような支出は、無理に削ってしまうと悪い影響が出る可能性があるのです。

○2 どうでもいいもの(ムダづかい)

 そして、もう1つが「どうでもいいもの」です。「どうでもいい」とはどういう意味でしょうか? 代表的なものを挙げてみます。

 ・昔から習慣として買い続けている雑誌

 ・何やらよくわからないけど払っている会費やインターネット関係の料金

 ・タバコやお酒、コーヒー、甘いものなど依存性が高いもの

 ・会社の同僚など固定メンバーでの頻繁な飲み会(という名の愚痴り合い)

 ・“付き合い”と称してなんとなく参加してしまっている合コン

 このように、ダメだとは思いつつ惰性的に続けてしまっている支出などが「どうでもいいもの」。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4299文字/本文:5109文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次