読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1028021
0
世界一流のサッカー監督から学ぶマネジメント
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第3の特性 戦略を行動に変える能力

『世界一流のサッカー監督から学ぶマネジメント』
[著]ピーター・クライルガート [著] ダニエル・ソレン [著] ヘンリック・ソレンセン [発行]クロスメディア・パブリッシング(インプレス)


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


戦略は行動である


 2007年4月10日、意欲満々のマンチェスター・ユナイテッドがチャンピオンズリーグのグループ予選でASローマをホームのオールド・トラッフォードに迎えた。ローマで行われた第1戦ではホームチームのASローマが2対1で勝利、マンチェスター・ユナイテッドは雪辱を期しての戦いだった。第2戦の結果で決勝トーナメントに進出するチームが決まるため、両チームとも必死である。

 マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督もASローマのルチアーノ・スパレッティ監督も、この試合がチャンピオンズリーグ史上もっともスペクタクルな試合の1つになるだろうとは予想していなかった。結果はマンチェスター・ユナイテッドが7対1で大勝した。

 試合結果は多くの点で驚きであった。まず、一流監督が指揮するビッグクラブ同士の戦いでこれほどの大差がつく試合は珍しい。さらに、イタリアのチームがこれほどの大敗を喫することも珍しい。イタリアのチームは伝統的に優秀なディフェンダーの宝庫であり、その傑出した守備システムには定評があるからだ。

 あらゆる準備と戦略の優劣はピッチ上で明らかになると言われるが、マンチェスター・ユナイテッド対ASローマの試合はまさにその好例であった。

 ファーガソン監督やスパレッティ監督のような名監督であれば、重要な試合の前は周到な準備を整えるはずである。しかし、4月のこの夜の試合ではファーガソン監督のみが、準備した戦略とシステムをピッチ上で具体的な行動に変えることに成功した。

 一方、敗因がASローマの戦略とシステムにあったのか、チーム全体の崩壊にあったのかを知るのはスパレッティ監督のみ。いずれにしても、ASローマ敗退の結果に変わりはない。


 戦略は行動である。サッカーほどこれが如実に表れる例はない。

 ビジネスリーダーがサッカー監督から学ぶべきは、戦略を具体的な行動に変える術だろう。監督は戦略とシステムの基盤を固めたうえで、戦略を選手の具体的な行動に変えていく。

 サッカーマネジメントの熾烈な競争と可視性のために、プロサッカーチームの監督は結果を出すためにあらゆる可能性を模索してきた。トップを走る監督たちが注目するのは選手の身体能力と技術力だけではない。選手の食事、心理状態、性格、態度、服装、行動のすべてをピッチの内外で確認している。

すべては行動で決まる
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5481文字/本文:6471文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次