読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1028830
0
ハピモテ体質になれる美人の習慣
2
0
7
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『ハピモテ体質になれる美人の習慣』
[著]佐藤富雄 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
7
| |
文字サイズ


 女性にとっての永遠のテーマ、それは「美」です。

 女の子は小さなころから着せ替え人形に夢中ですし、何歳になろうと「美」を忘れることはありません。

 なぜなら、女性にとっての「美」は、そのまま「自分という人間にどれくらいの価値があるか」という意識につながってくるからです。

 わたしはこういう人間だ、わたしにはこれくらいの価値がある、といった女性の自己像(セルフイメージ)は、自分自身の容姿、つまり「美」によってつくられます。

 ところが、最近の若い女性たちの中には、この「美」について根本的な勘違いをしている人がいます。とにかく痩せていればいい、痩せれば痩せるほどキレイになれる、といった誤ったダイエット信仰を持った人たちです。

 はっきり申し上げて、これは大間違い。たしかに太りすぎては美しさを損なってしまいますが、かといって無理な食事制限で体重を落としたところで本物の「美」は手に入りません。むしろ、人工的で不健康な印象を与えるだけです。

 これは大事なことなので、ぜひ憶えておいてください。


 女性の「美」は、健康の中にこそあります。

 健康でなければ、本当の美しさは手に入りません。

 そして、特にこのとき大切になってくるのが、女性ホルモンを中心とした各種ホルモンの存在です。月経はもちろん、女性のお肌から精神面まで、心とカラダのさまざまな面をコントロールしている女性ホルモン。

 みなさんは、このホルモンを真剣に意識したことがありますか?

 もしかすると、「なんとなく知っている」というレベルでは?

 もし、あなたがいまイライラしていたり、お肌のトラブルに悩まされていたりしているとすれば、それは女性ホルモンのせいかもしれません。

 女性ホルモンもその他のホルモンも、あなたの心掛け次第でかなりの部分をコントロールすることができます。

 本書を読んで、女性ホルモンの達人になりましょう!


2006年10月 佐藤富雄


写真   ⒸNASUKO/A.collection/amana
イラスト 小田島さよ
編集協力 古賀史健
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
7
残り:0文字/本文:848文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次