読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1029047
0
アレをやり始めたのは私です!
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
卒業式の袴――流行のスタイルを生んだのは校長先生!

『アレをやり始めたのは私です!』
[編]素朴な疑問探究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 三月の卒業式シーズンになると、街にあふれかえる(はかま)姿の女子大生。学校が「卒業式には袴を着用のこと」という指示を出しているわけでもないのに、どうして女子大生は卒業式に袴をはくようになったのだろうか。

 袴といえば、そもそもは男性用の衣服。それを女子大生が身につけはじめたのは、西洋の文化が急速に輸入された明治時代初めのことだ。当時の雑誌を見ると、袴姿の女性を「男袴をはき洋書を抱えた勇ましき少女」などと描写してある。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:454文字/本文:665文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次