読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1029053
0
アレをやり始めたのは私です!
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
特攻服――定番ファッションを取り入れたのは?

『アレをやり始めたのは私です!』
[編]素朴な疑問探究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 暴走族が夜の街に轟音(ごうおん)をとどろかせ、大きな社会問題となりはじめたのは、いまから三〇年も前のこと。当時は、「暴走族のバイクがうるさくて眠れない」という話がいまの何倍もあり、大きな暴走族グループ同士の抗争で死者が出たこともあった。

 その後、「イマドキ族なんて流行らないからァ」という若者が増え、警察が取り締まってきたこともあって、ここ十数年、暴走族は減ってはいるが、完全に姿を消したわけではない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:515文字/本文:717文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次