読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1029460
0
大笑いしながら身につく英語
2
0
2
0
0
0
0
語学・資格
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
事故で遅刻したはずが“お漏らし”のせいにされた?!

『大笑いしながら身につく英語』
[編]イングリッシュ倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 アメリカ支社に転属になった商社マンの小林さん。初の出社日が大雨で大パニック。雨と風で見通しが悪く、よく道もわからない。あげく、途中で横から飛びだしてきた車にぶつけられてしまった。

 事故の相手からはあとで連絡をもらうことにして、やっとのことで会社にたどり着いたときには、すでに就業時間を1時間も経過していた。

 ネイティブの部長に「どうしてこんなに遅れたんだ、君!」といきなり怒鳴(どな)りつけられた小林さん。
「すみません。事故にあってしまいまして」

 と返事をするつもりで、

 I'm sorry, I had an accident.

 と、小林さんは神妙な面もちで返事をした。

 すると、いままでイライラしていたはずの部長ほか、その場にいた新しい同僚全員がいきなり大爆笑!

 いったいどうしたことか、小林さんはさっぱり理解できずにいたそうだ。

 さて、種明かしをしよう。もちろん、accident という単語には「事故」という意味がある。しかし、accident には、ほかに「お漏らし」という意味もあって、have an accidentという使い方をすると、ネイティブにはその意味で伝わってしまうのだ。

 遅刻した言い訳に、
「すみません。お漏らししちゃいまして」

 などという返事が返ってくるとは、だれも予想していなかっただけに、オフィスの中は大爆笑と相成ってしまったというわけだ。

 この小林さん、次のような表現をしていれば、こんな()ずかしい誤解を招くことはなかっただろう。

 I was in an accident.(事故にあいました)

 I was involved in a traffic accident.(交通事故に巻き込まれました)

 Someone ran into me.(ぶつけられたんです)


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:758文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次