読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1029694
0
心霊体験 あなたの知らない世界
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
29 不吉な写真は祟りの前兆か?

『心霊体験 あなたの知らない世界』
[著]新倉イワオ [発行] 河出書房新社


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



*  *  *


 仏壇の前で家族写真を()ったところ、孫の右の目が、気味の悪い白目に写ってしまいました。以来、家族に続々と()まわしい事故が起きています。この縁起の悪い写真は、なにを意味しているのでしょうか? また、どうしたらいいのでしょうか?

*  *  *


 なんとも不気味な写真が送られてきてしまった。送り主は尾花菊江さん(七十四歳)。仏壇の前に、八歳と六歳のお孫さん、娘さん(三十九歳)と、尾花さんの、家族四人が並んですわっているところを撮影したものだが、六歳のお孫さんの右目だけが、なんと空洞のように真っ白に抜けているのだ。

 この不吉な写真を見た尾花さんは「孫の目になにか悪いことが起こる」と予感し、ご家族の方々も深刻に悩まれたあげく、念のために知り合いの霊能者に写真を見せた。すると、
「この写真をもっていると、家族の中になにか悪いことが起きますよ」

 といわれてしまった。幸いなことに、この時点までお孫さんの目には、なんの異常もなかったのだが、代わりに、尾花家を次々と事故が襲ったのだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2295文字/本文:2744文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次