読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1029702
0
心霊体験 あなたの知らない世界
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
36 度重なる不幸は先祖供養で治まるか?

『心霊体験 あなたの知らない世界』
[著]新倉イワオ [発行] 河出書房新社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



*  *  *


 半年前から、急に家庭と職場の両面でトラブルが絶えなくなり、霊能者にご相談したところ、「先祖供養が足りないから私がご供養しましょう」といわれました。これまで二五〇〇万円を供養代として納めましたが、今後もつづけていくべきですか?

*  *  *


 西田寿男さんは、九州の福岡市で中規模の病院の院長を務めてらっしゃる働き盛りの四十四歳。相談室にはご夫婦でこられた。

 話をうかがってみると、西田さんのご家庭では、半年ほど前から、高校一年生の息子さんと中学二年生の娘さんが、急に反抗的になって、親子関係がギクシャクしている。最近は、ほとんど親子らしい会話すらしたことがない。

 しかも、同じころから病院内でも、医師と看護婦、看護婦と患者のトラブルが絶え間なく起こるようになった。病院の経営はまずまずなのだが、職場のモラルも低下し、そのうち大事故につながるのでは……と心配されている。

 こんな内外の問題に、西田さんは心身ともに消耗(しょうもう)しきってしまった。このご様子に心配された奥さんは、知人の紹介で、ある地元の霊能者のところへ相談にいかれた。同じ時期から急に内外のトラブルが増えたのは、なにか霊的なことが原因かもしれないということで、霊視してもらったところ、
「あなたのご先祖さまが、ぜんぜん供養されていませんね。たいへんです。このままでは、病院も(つぶ)れてしまいますよ」
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3181文字/本文:3771文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次