読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
30
kiji
0
0
1029850
0
雑学の世界地図100連発! 不思議な風景と謎の旅/篇
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
氷河が北より南のほうでよくみられる理由とは

『雑学の世界地図100連発! 不思議な風景と謎の旅/篇』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

アラスカ(アメリカ)


 氷河というと、寒ければ寒い地方のほうが、大きく発達しているというイメージがある。ところが、アラスカの場合は、なぜか不思議なことに、緯度(いど)がより高い北部ではなく、南部のほうに大部分の氷河が集中しているのだ。いったいなぜなのだろうか。

 一般的にいって、氷河はたしかに、低緯度地方よりも高緯度地方、平地よりも山地や内陸部に多くみられる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:667文字/本文:846文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次