読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1029974
0
怖い話
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
新幹線を使うなら「ひかり」を

『怖い話』
[著]片桐常夫 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

大阪から一路、東京へ向かう金曜夜の新幹線ひかり号。
仕事で疲れた彼が車内でみた世にも不思議な光景は、
幻覚か、それとも…


 すでに三〇年近くも前に起きた話である。

 美濃部(みのべ)三郎氏(当時五四歳)は大手商社の部長だった。大阪に単身赴任(ふにん)しており、毎週金曜日の夕方の新幹線で家族の待つ東京に帰るのを楽しみにしていた。

 ある金曜日のこと、いつものように美濃部氏は東京行きの「ひかり」に乗りこんだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:824文字/本文:1025文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次