読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
30
kiji
0
0
1030057
0
日本の恐怖怪談
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
化かされる地点

『日本の恐怖怪談』
[著]冬野次郎 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

〈帰り道を急いだサラリーマンがタヌキをひき殺した。その後、なぜか家に帰りつけないのだ…。〉


 遠くに、町のあかりがみえる。いつも通っている道なのに、どうしても家に帰りつけない。

 同じ道をぐるぐるとまわってしまう。そのあげく、不可解な交通事故にあった母親の死に目にさえ、まにあわなくなってしまった――。

 そんな恐怖体験をしたのは、相模原市に住むサラリーマンの大貫民雄さん(二八歳)である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1266文字/本文:1458文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次