読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1030062
0
日本の恐怖怪談
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
開かずの土蔵

『日本の恐怖怪談』
[著]冬野次郎 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

〈嫁いだ先に、けっして入ってはいけないといわれている土蔵がある。ある日、好奇心から中に入った嫁が見た恐るべき光景とは…?〉

「ヒッヒッヒッヒッ」

 女性の不気味な笑い声が、屋内に陰にこもって響いた。空気がひんやりしていたせいもあって、身の毛がよだった。声を聞いて、腰の力が抜けてしまった。

 古い土蔵の中だ。「しまった、やっぱり入るんじゃなかった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1137文字/本文:1308文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次