読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1030255
0
女医・玲子の診察室の困ったさんたち
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ちょっとぐらいの偏食は心配する必要なし

『女医・玲子の診察室の困ったさんたち』
[著]橋口玲子 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 子供の患者さんを診るとき、よく、横でおかあさんがこう言うことがある。
「うちの子、偏食なんです。だから、しょっちゅう風邪をひくんじゃないでしょうか? 先生からも何か言ってやってください」

 医者に注意されれば、子供も言うことをきくだろうと期待しているのはよくわかるのだが、残念ながらわたしは、たいがいの場合、おかあさんがたの期待には沿えない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:716文字/本文:886文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次