読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1030277
0
女医・玲子の診察室の困ったさんたち
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
平地で暮らしていても“高山病”になる?!

『女医・玲子の診察室の困ったさんたち』
[著]橋口玲子 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 高山病は、ふつう、高い山に登ったときに起こるもの。ところが、平地で暮らしていても、“高山病”になることがある。正確にいうと、高山病に近い状態になることがある。鉄欠乏性貧血だ。

 鉄欠乏性貧血は、女性に多く、赤血球の原料である鉄分が足りなくなって起こる。脳貧血で急にめまいを起こしたりするような場合と違って、鉄欠乏性貧血は、慢性的にゆっくり起こることが多く、本人はなかなか気がつかない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:493文字/本文:685文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次