読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1030289
0
女医・玲子の診察室の困ったさんたち
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
かつての偏食児童が今は健康な医者

『女医・玲子の診察室の困ったさんたち』
[著]橋口玲子 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 偏食は、子供のうちに治さなければだめだと、よく言われる。おとなになってからでは改善できないと思っている人も多いことだろう。

 だが、けっしてそんなことはない。そう言い切れるのは、わたし自身が、子供のころはとんでもない偏食児童で、おとなになってから治せたからだ。

 なにしろ子供のころは、食べられなかったものより、食べられたものを数えたほうが早いくらいで、わたしが食べていたのは、パン、じゃがいも、スパゲティ、卵、乳製品、野菜ではキャベツ、レタスといったところ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:563文字/本文:792文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次