読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1030974
0
キミたち、こんなの知ってるかい? 下
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
NORAD ソ連の脅威に対するNORADの内部を映画「ウォー・ゲーム」が初めて紹介

『キミたち、こんなの知ってるかい? 下』
[著]増淵健 [発行]近代映画社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「ウォー・ゲーム」の舞台はNORAD。ノース・アメリカン・エア・ディフェンス・コマンド(北米防空司令部)である。NORADは一九五七年に北米大陸の防空を目的に編成され、カナダから航空隊防空群が参加した。カナダが入っているのは、ソ連領からアメリカへ向かう侵入機・ミサイルは必ずカナダ上空を通過するからである。アメリカにとっての脅威は、カナダにも脅威になる。

 NORADはSAC(戦略空軍)・TAC(戦術空軍)とともにアメリカ空軍の中心になっている作戦部隊だ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:631文字/本文:859文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次