読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1031144
0
植草甚一WORKS6イタリア映画の新しさを伝えたい
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
イギリスで最近公開されたロッセリーニの近作「奇蹟」について

『植草甚一WORKS6イタリア映画の新しさを伝えたい』
[著]植草甚一 [発行]近代映画社


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 最近はイギリスの週刊雑誌が順調に入るようになったので、これらを通して、ロンドンでどんな映画が公開され、どんな評判をとっているかが、よく判るようになってきた。そのなかで最近最も注意を引いたのは、ロベルト・ロッセリーニ(「戦火のかなた」)の「奇蹟」という作品である。ある雑誌を見ると、詰らない映画だ、ロッセリーニもこの映画でとうとう味噌をつけてしまったと(けな)しているが、次に手にした雑誌の批評を読むと、すっかり興奮して賞めちぎっているといったありさまなのである。そして、貶した人たちよりは賞めた人たちのほうが、批評家としていままで間違いのないことを言ってきた人たちなのである。いずれにしろ「奇蹟」という映画が、題名の示すように宗教テーマの異色作であることは想像がつくが、次に紹介する四雑誌の批評から、その内容と特色がかなりはっきりと判ると思う。
(一)「ニューズ・レヴュー」というアメリカの「ニューズ・ウィーク」誌によく似た雑誌がある。まず最初にこの二月二日号を開いてみよう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3516文字/本文:3955文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次