読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1031162
0
植草甚一WORKS6イタリア映画の新しさを伝えたい
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
戦後十年型やぶりスター十傑

『植草甚一WORKS6イタリア映画の新しさを伝えたい』
[著]植草甚一 [発行]近代映画社


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 この十年間に見た映画から、男女優で型やぶりスターを十名あげてみたまえと言われれば、誰だって思わずニコニコっとした顔をするだろう。僕自身も、こう言われたときには、ちょっといい気持になった。その瞬間、オーソン・ウェルズの顔がパッと浮んで『オレが一番だろう?』と言ってるかのようにニヤッと笑ったからだ。

 ところが、これはすこぶる難問であることが、時間がたつにつれて、だんだんと分ってきた。型やぶりだと思った俳優が、型やぶりではなくなってしまうのである。たとえばジャン・マレーがそうで、ジャン・コクトーに使われている間は、あの棒ダラみたいな顔に涙が流れるクローズ・アップが出る度に型やぶりだと思ったものだが、最近ではすっかりナマクラになってしまい、どう見ても中途半端な存在としか思えなくなった。

 次のような場合もある。それはノエル・ノエルで、僕としてはオーソン・ウェルズについでこの俳優をあげたかったが、考えてみると彼の傑作「うるさがた」が公開されそうになったのに機会を逸してしまった。理由は、あんまり洒落すぎているからダメだというのであった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4076文字/本文:4545文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次