読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1031438
0
眠れぬ夜を遊ぶ本
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
タフでなければやってられない新聞記者

『眠れぬ夜を遊ぶ本』
[編]びっくりデータ情報部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 新聞記者の重要な仕事に「夜討ち、朝駆け」といわれるものがある。「夜討ち」は、「夜まわり」とも呼ばれるが、これはどういう仕事なのか? 以下、社会部の警視庁担当記者、いわゆる事件記者のケースを紹介しよう。

 事件記者にとっての「夜まわり」とは、事件を担当している刑事の自宅に夜押しかけ、当の刑事から直接、取材をすることである。

 事件に関する情報は、ふつう警察署での記者会見で公表されるが、ここで公表される情報は、事件の表面をなぞっただけのもので、およそスクープとは縁がない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:666文字/本文:901文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次