読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1031486
0
宇宙人は本当に実在する
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4 彼らは侵略者か、それとも… メキシコやイスラエルに次々と現れるUFOの目的とは?

『宇宙人は本当に実在する』
[著]矢追純一 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:15分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



UFOの飛来は、もはや当たり前の光景


 メキシコでは、ほとんど毎日といっていいほど頻繁(ひんぱん)にUFOが現れ、各地の住民たちによって、目撃されているという。

 なぜ、メキシコにばかりUFOの出現が多いのだろうか?

 長年の友人で、地元テレビ局のプロデューサーでありUFO研究家としても名高い、ハイミ・マサンを、久しぶりに訪ねた。ギョロリとした目と黒いひげに覆われた誠実そうな顔、やや猫背(ねこぜ)だが頑健(がんけん)そうな体をしたハイミが、相変わらず人なつこい笑顔で迎えてくれた。彼は、もう44〜45歳になるだろうか。ここメキシコでは、かなりの有名人だ。
「このところ、とくにUFOが盛んに現れていて、去年の中ごろから今年のはじめまでで何百件……、いや、ひょっとすると1000件以上の目撃報告があるんです。このメキシコ・シティをはじめとして、グアダラハラやアリスコ州など、ほぼメキシコ全土に及んでいます。

 これがいったいなぜなのかは、もちろんわかりませんが、どうもその現れ方を見ると、わたしたちに、自分たちの存在を知らせようとして、デモンストレーションしているとしか思えないふしがあるのです」

 スクリーニング・ルームで見せてくれたUFOの動きは、なるほどと思わせられるものが多かった。晴れた青空をバックに、2機のUFOが互いに追い駆けっこをしているように、1機が先行し、後続のUFOがそれを追い越したり、また抜き返したりを続けているものもあれば、UFOが雲の影に隠れたと思うと、また引き返してきて“いないいないばあ”をするように、ちょっと止まったかと思うと、再び雲の中へ入っていくシーン。

 なぜか、1機のUFOが2つに分裂し、さらに3つ、4つ、5つと次々に分かれていく不思議なUFOや、1つの大きな球形UFOから、まるで金魚が卵を産むように、ポロポロと小さなUFOが飛び出てくるもの等々。

 しかもそれは、街をゆく大勢の市民に目撃されていて、てんでに双眼鏡で(のぞ)いたり、指さして興奮して躍り上がったりしている。大通りでは、車があちこちで止められ、交通渋滞を引き起こしている。その整理に当たっている警官も、ポカンとUFOを見上げているといった具合。

 テレビ局のアンテナの上にもUFOが現れ、ときどき光を発して旋回している。それを見上げるテレビ局の職員たち。カメラを構える者、ビデオカメラを取りに走る者と、てんやわんやだ。

 なかでも圧巻(あっかん)なのは、何十機ものUFOの大編隊が白昼、ゆっくりと上空を移動していく様子。それが、何日にもわたって撮影されているのだ。

 それらは、何かを伝えようとしているのだろうか? 象形文字のようなかたちや、動物を思わせるかたち、アルファベットのようなものなど、千差万別なのだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6103文字/本文:7257文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次