読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
30
kiji
0
0
1031524
0
学校のナイショ話・ウラ話
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
夏休みに宿題が出るホントの理由

『学校のナイショ話・ウラ話』
[編]素朴な疑問探究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 昔と比べると、宿題の量は減ってきている。大きく見れば、これも「ゆとり教育」の一環ということになるのだろう。しかし、ミクロ的に見ると、「宿題をたくさんだしたら、後がたいへん」という教師が増えていることもあるという。

 宿題は、教師、生徒にとって、いわば諸刃(もろは)(つるぎ)である。量が多いと、もちろん生徒はたいへんなわけだが、教師も安閑(あんかん)としてはいられない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:470文字/本文:657文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次