読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1031967
0
日本人なら知っておきたい 江戸の商い朝から晩まで
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
三味線の師匠が“商売”になったのは?

『日本人なら知っておきたい 江戸の商い朝から晩まで』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 江戸時代には、三味線(しゃみせん)のお師匠さんが数多くいた。幕末になると、町内にひとりはお師匠さんがいたという。江戸の町で、それほど三味線の師匠という職業がポピュラーだったのは、男女を問わず、三味線を習いたいという人が大勢いたからである。

 三味線ブームのきっかけとなったのは、歌舞伎が人気を集めたことである。歌舞伎の伴奏に三味線が使われたことから、それをみた若い町娘たちにも三味線をひいてみたいという人が増えてきた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:340文字/本文:549文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次