読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1032330
0
モノの数え方がズバリ!わかる本
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
7 現代社会が生んだ、いまどきの数え方 ネット時代の新常識HP(ホームページ)のアクセス数はこう数える

『モノの数え方がズバリ!わかる本』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:24分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

アクセス数●ネット時代の新常識、アクセス数の数え方


 インターネットのホームページを開くと、「あなたは○○人目のお客様です」と、そのホームページを訪れた人の数が表示されていることがある。これはアクセスカウンターといい、何回ユーザーからアクセスがあったかを示している。

 このアクセス数をあらわす単位の一つが「ページビュー(PV)」。一つのHTMLファイルが読まれると「1ページビュー」となり、ホームページのトップページ、サブページを含めて、一つ読まれるごとに「1ページビュー」がカウントされる。

 PVが読まれたページ数をカウントする単位なのに対し、何人の人がホームページを見たかをあらわす単位が「ビジット」(セッションともいう)。アクセスした人がサイト内の他のページを見ても全部まとめて「1ビジット」としてカウントするため、PVのようにカウントは増えない。ただし、ある程度間隔があいた場合は、新しいビジットとして計算され、その間隔は、三〇分が業界標準となっている。

 ビジットの場合、同じサイトに同じ人が数回アクセスすれば、その一つ一つが訪問人数として計算されるのに対し、特定の期間のうちに同じ人が何回訪問しても、一人と数える場合もある。その際の単位が「ユニークユーザ」だ。

 PVやビジットより数は少なくなるが、ユーザーの中にそのサイトに興味をもっている人がどれぐらいいるかを正確に判断することができる。

 また、ユーザーのコンピューターにダウンロードされたファイルの数をあらわす「ヒット」という単位もあり、この場合は、四つのファイルのあるHTMLファイルを一つ見れば、五ヒットといった具合である。
〔ホームページ=ページビュー・ビジット・セッション・ユニークユーザ・ヒット〕

情報量●コンピューターの処理能力の基本の単位は?


 コンピューターは、情報の記憶や処理、伝達をする機械である。つまり、コンピューターは情報がなければ、タダの箱。処理できる情報量と、それを処理する速度が、コンピューターのスペックの高さを決めるといっても過言ではない。

 その情報の最小単位をあらわす単位が「ビット」。コンピューターが処理をおこなうときの、もっとも基本的な単位である。「1ビット」とは、二つの選択肢から一つを特定するのに必要な情報量で、たとえば、黒か白か、上か下か、オンかオフかといったことを見分ける力。

 どちらかを「0」にし、もう一方を「1」に対応させて処理をする二進法が、コンピューターの基本原理なのだ。

 このビット数を増やすことで、処理できるデータは多くなる。ビットが増えるごとにデータの量は2倍になり、nビットは2のn乗のデータを表現できる。1ビットで二種類だから、2ビットは四種類、3ビットで八種類、4ビットで一六種類といった具合で、8ビットなら二五六種類のデータが区別できる。

 この8ビットぐらいあれば、コンピューターは英語の文字や数字、記号を割り当てて区別できるようになる。そこで、8ビットを一つと考えて、「バイト」という単位が設定されている。つまり、8ビット=1バイトである。

 通常、「バイト」がコンピューターの情報量の単位とされており、携帯電話のパケット通信では、128バイトが1パケットとして計算されるのが普通である。
〔情報量の最小単位=ビット 情報量=バイト〕

改訂回数●パソコンやるなら知っておくべき数え方

「この前、パソコンのソフトをバージョンアップしたら、前のバージョンで作成したデータが使えなくなって、困っちゃった」

 このようにパソコンを使っている人の間で、ごく当たり前に使われている「バージョン」という言葉。パソコンにくわしくない人にはピンとこない言葉だが、たとえば出版物でいうところの改訂版のことだ。

 つまり「バージョン」とは、ハードウェアやソフトウェアが改訂された回数や時期を示す数値のことで、おおむね最初の製品からの通し番号である。出版物で「第一版」「第二版」などと呼ぶ「版」が、コンピューターの場合は「バージョン」となり、一般的には「Ver.1・0」のように表記される。「Ver.2・0」「Ver.2・1」のように、大きな変更を加えた場合は、整数部を、小さな変更なら小数点以下の数値を加算していく。「Ver.」というのは「version」の略。なお、完成していないが限りなく完成品に近いものをβバージョンということもある。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9831文字/本文:11647文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次