読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
50
kiji
0
0
1033019
0
うんちく王 世界なるほど見聞録366日
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
8月 <たとえば8月10日> 誕生したころの「水着」はこんなにも危険だった!

『うんちく王 世界なるほど見聞録366日』
[著]辻原康夫 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:22分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



★イメージとは裏腹の保守的な国「スイス」 8月1日


 今日はスイスの独立記念日です。1291年のこの日、ウリ、シュビーツ、ウンターバルデンの3州がハプスブルク家の圧政に対して同盟を結んだことが、建国のはじまりとなりました。現在では、アルプスの景観と所得水準世界一の国として有名です。

 いっぽうで、すこぶる保守的・実利的な国柄という裏面はあまり知られていません。たとえば、婦人参政権が認められたのは西欧では最も遅い1971年、男女平等を憲法に明記したのは81年。徹底した守秘(しゆひ)義務とブラックマネーの洗浄、ナチスの金塊購入などの金融スキャンダルのように、陰の部分も見え隠れします。客あしらいも外見次第で打算的、と旅行者のあいだでも概して評判はかんばしくないようです。


★どうして〈スイカ〉は「西瓜」と書くのか 8月2日


 スイカが旬の季節です。ボッテリした重量感のある緑と黒の球体は、なによりも庶民的でかつ大らか。

 原産地はアフリカ南西部のカラハリ砂漠といわれますが、栽培は古く、4000年前の古代エジプトの絵画に描かれ、聖書にもアバッティアチの名で登場しているほどです。

 日本語のスイカは、西域から伝わった瓜を意味する中国語の西瓜(シーコア)から入ったものですが、日本人旅行者のあいだでよく話題になるのがペルシア語のヘンダワネ(実際の発音はヘンドゥーバネに近い)。しかし、その言葉の意味はインド(ヘンダ)瓜(ワネ)であって、語源さえわかれば少しもヘンではありません。


★じつは甘いだけじゃない「ハネムーン」の深い意味 8月3日


 8(ハチ)・3(ミツ)のたわいない語呂合わせで、今日はハチミツの日だそうです。ハチミツといえばハネムーンが連想されますが、そもそも新婚期間や新婚旅行をなぜハネムーンというのでしょう。

 甘くロマンチックな生活をハチミツにたとえたというのは、この言葉が定着した16世紀以降のこじつけであって、実際は1か月間ほどハチミツ酒を飲んで暮らしたことに由来するといわれます。念のため言い添えておくと、ムーンは空にかかる月ではなく、あくまでも1か月間のことです。

 ところで、1か月もハチミツ酒にひたったとはどういうことかというと、古代ゲルマン人のあいだでは略奪婚という婚姻形式が一般的でしたが、それにともなって広まった俗習だそうです。つまり、ハチミツ酒は、略奪された花嫁側の捜索から逃れている期間中の非常食であり、同時に相愛のふたりが精力をつけてセッセと子づくりにはげむための強精ドリンク剤でもあったというわけ。

 現代のハネムーンが俗世間の(あか)にまみれないようにふたりだけの世界に“潜伏”する期間であるなら、当時のそれは花嫁の家族の捜索の目をごまかすために本当に“潜伏”する期間であったようです。


★ハワイの「アロハシャツ」と日本人の関係とは 8月4日


 夏真っ盛り。ハワイのようにアロハで通勤できればどんなに快適でしょう。アロハシャツといえば、古くからハワイの民族衣装のように思われますが、予想外に歴史は新しい。なにしろ考案者といわれた人がつい最近まで存命だったのですから。

 華人のエラリー・チュン氏がその人で、1931年にサトウキビ農園で働く日系移民のチェックの着物に想を得て、独特のハワイ風シャツを考案。これが大流行し、36年にアロハの名で商標登録しました。また、一説にはホノルル在住の日系人酒田半蔵という人が、31年にオリジナルシャツをつくったのが原型ともいわれます。チュン氏の母親は日系人、いずれにせよアロハ誕生の陰に日系人の存在は欠かせません。


★ハワイ女性の「ムームー」にはウエディング用もある 8月5日


 ハワイでの男性の正装がアロハシャツなら、女性のそれはムームー。こちらのほうが歴史も古く、米国から派遣されていた宣教師夫人が、半裸体の現地の女性姿にまゆをひそめた結果、1820年にツツとよばれる長そで長すそのダブダブのワンピースを考案しました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8963文字/本文:10599文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次