読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1033149
0
心の疲れをとる安らぎのススメ
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 ささやかな夢を抱いてハッピーな人生を送ろう▼たとえば、身近に自分だけの憧れのスターをつくる――

『心の疲れをとる安らぎのススメ』
[編]夢プロジェクト [発行] 河出書房新社


読了目安時間:18分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



出勤途中の道端にひまわりの種子を蒔く


 出勤途中の道端に、そっと植物の種子を()く。種子は何だっていいのだが、できれば朝顔だとか、ひまわりといった身近な植物のほうがいい。蒔く、といっても1粒か2粒である。そして、その生育を楽しみながら出勤するのだ。

 まず、種子を蒔く。その場合、種子はそこらに放っぽり投げてもかまわないが(放っぽり投げても、朝顔などは育ってくる)、ここではちょっと細工をして、木の枝などで土を掘り、そこに種子を蒔く(ひまわりの種子を蒔いたことにする)。その場所としては、横断歩道の信号がある少し手前あたりがいい。

 準備は、これで終わり。こうして朝、その前を通って出勤するわけだが、種子を蒔いてからというもの、そこを通るときはそれまでとはまったく違う思いになる。

 芽が出ていなければ、“大丈夫だろうか”と思い、小型のペットボトルに入れた水を少しだけかけたりする。

 芽が出ているのを見ると(よしよし)といった気分になる。その様子は、わが子を見るようである。

 芽は双葉に開き、ぐんぐんと生長していく。ひまわりは、文字どおりにぐんぐんと生長していく。出勤途中、その生長ぶりを見るのは、何とも心楽しいものだ。そうして夏の盛りとなるとき、すっくと立ったひまわりの(こうべ)が徐々に開いていく。そしてカッと黄金色の花が開く。夏の太陽を浴びて輝くばかりである。

 それを、朝な夕なに見る(出勤時に、そして帰りに見る)のは、気分いいものである。

 まだ寒さの残る春に蒔いた種子が、これほどのひまわりになったのか……と思うと、たまらない思いになる。が、そのひまわりも頂点の輝きを放ったのち、やがてガクッと首を()れる。

 その姿は、それまでの姿が雄々(おお)しかっただけに、一抹(いちまつ)の哀れささえ感じさせる。この哀れさも、またいい。

 祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)の鐘の声、諸行無常の響きあり……
『平家物語』の世界に(ひた)ることができるからである。そして、すっかり()れたひまわりから種子を取って、また来年、それを蒔くのである。

 そして新たな発芽を見る。今度は、輪廻転生(りんねてんせい)の世界に浸ることができる。


身近に自分だけの憧れのスターをつくる


 憧れのスターは、しかし“憧れ”のスターであって、はるか遠い手の届かないところにいる存在だ。だからシミュレーションのし甲斐(がい)もあるのだが、これをもう少し現実味のあるものとして考えてみる。

 近場に、憧れのスターをつくるのだ。

 近場だから、近くのガソリン・スタンド、スーパー、青果店、文房具店、キオスク、書店など、そこで働いている人を、憧れのスターにする。

 近場にいる人、といっても平凡な人ばかりではない。容姿・動作・気遣いなどで、芸能人並み、あるいはそれを超える人だっていくらでもいる。その人を憧れのスターにするのだ。

 実際にそうしている人もいるだろうが、この場合は“憧れ”だけではなく、もう一歩踏み込んでみる。

 ガソリン・スタンドで、若さいっぱい溌剌(はつらつ)と働いている女性(男性)がいたとする。何回か給油を受けたのち、ふっと「あなたのファンのひとりです」とかいっちゃって、パチンコの景品のあまりのチョコレートなどを手渡すのだ。
「ありがとうございましたあっ!」

 の、ガソリン・スタンド特有の大声とは違う声が返ってくる……と思う。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7539文字/本文:8938文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次