読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1033176
0
「使用上の注意」がすべてわかる本
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
御注意6 複雑怪奇な男と女の使用上の注意――二人の関係を決定づける「3」という数字に気をつけよう

『「使用上の注意」がすべてわかる本』
[編]暮らしの達人研究班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:23分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



結婚相手=「3」という数字には要注意


 最近のデートマニュアルでは、「3」がキーワードだそうだ。

 すなわち、三回目のデートまでにキスしなかったら「お友達」でおしまい。

 そして、キスから三回目のデートまでにエッチしなかったら「ガールフレンド」でおしまい。

 さらに、三回目のエッチで、結婚相手として適当かどうかの「品定め」をする、というものらしい。

 ちょっと前には、「3高(高学歴、高収入、高身長)」などというのが流行ったが、これもある意味では、「恋人」あるいは、「結婚相手」を選ぶ際の使用上の注意なのかもしれない。
「3」といえば、その昔、「三種の神器」として「炊飯器」「洗濯機」「冷蔵庫」の電化製品が家庭の若い主婦の夢だった時代や、「カー」「クーラー」「カラーテレビ」の「3C」がもてはやされた時代もあったが、現在では、これらはごくごく当たり前のものになってしまった。

 さて、これから先、どんな「3」が、「恋人」あるいは、「結婚相手」を選ぶ際の使用上の注意になるのだろうか。


結婚式場=選ぶときは予算とサービスに注意


 世の中が不景気になっても、ブライダル産業だけは別らしい。地下鉄の車内広告もめっきり数が減ったが、結婚式場の広告だけは依然として健在。やっぱり、原則として、一生に一度の結婚式はケチらずにやりたいというカップルが多いのだろう。

 さて、そうなると、問題は披露宴をどこでやるかである。会場については、婚礼専門にやっている式場とホテルがあるが、どっちを使用するかは、演出の好みと予算によってちがってくる。

 演出がハデなのは、さすがにその道のプロというか、婚礼専門式場である。ウエディングケーキ入刀のときのスモークやら、スポットライトやら、キャンドルサービスのときのレーザー光線やらの大道具を完備し、さらに、スライド写真でつづる二人の出会いまでの足跡などを、プロの司会者(これがかなりクサい)が、涙と笑いで盛り上げてくれる。

 いっぽうのホテルは、ホテル全体のイメージやムード、ゆったりと落ちついた雰囲気などで勝負。帝国ホテルのように、ローストビーフを客の目の前で切ってくれる(おかわり自由!)というリッチなサービスを売りにしているところもある。

 さて、肝心のお値段だが、ホテルのほうが総じて二〜三割は高くなる。

 とはいえ、一生に一度の晴れ舞台。いくつかの会場を見て(二人でいろいろと話しあいながら、自分たちのイメージに近い会場を探して歩くのも楽しみのはず。たまに、意見があわずに、ケンカになるのもご愛嬌?)、心に残る素敵な披露宴にしてほしいものである。

 もっとも、費用は誰がだすのか知らないけれど……。


テレクラ=人間不信に陥らないための注意


 テレクラは、キツネとタヌキの化かしあいである。

 あっちが「小泉今日子に似てる」といえば、こっちも堂々と「石田純一に似てる」と返すくらいの図太さが必要だ。

 で、胸を張って待ちあわせ場所にいく。あっちも多少は良心が痛んでいるはずだから、あなたが石田純一に似ても似つかないとしても、それで文句はいわないはずだ。つまり、おあいこなのである。

 ところが、テレクラ初心者の中には、これで一気に人間不信に陥ってしまう人がいる。あまりにも純情というか、ウブとしかいいようがない。

 テレクラの上級者になると、かなりしたたかになる。たとえば、『テレクラの秘密』の著者・成田アキラ氏は、自分が電話でしゃべっている声を録音して、その声の質やしゃべり方のクセをチェックするそうだ。その結果、彼は、多少なまりが残っていることが、かえって女性に好感を与えていることがわかったという。

 つまり、こうして自分の会話を客観的にみることで、女性に気に入られるしゃべり方を身につけようというわけだ。

 テレクラは相手の顔がみえない。つまり、どんなにウソをついてもかまわないが、しゃべり方で嫌われたらアウトということである。


ラブホテル=いいムードをぶち壊さないための注意


 同じ相手と今日で○回目――というのなら、ラブホテル(若い世代はブティックホテルというらしいが)の使用上の注意などない。あうんの呼吸で、コトを進めればそれでいい。が、はじめての相手となると、注意の上にも注意が必要になる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9433文字/本文:11177文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次