読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
100
kiji
0
0
1033186
0
お金が貯まる365日のヒント
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 うれしいメリットで快適に 旅行・マイカー・趣味 マル得知識で格安なのに大満足!

『お金が貯まる365日のヒント』
[編]暮らしの達人研究班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:32分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

国内旅行を格安に楽しむ方法

●ホテルの会員制度をチェックしよう


 旅行で、シティホテルやチェーンホテルをよく利用するという人は、会員制度を利用してみよう。

 これに登録しておくと、予約が殺到するハイシーズンでも部屋がとりやすかったり、メンバー料金が設定されていたりと、さまざまな特典がついてくる。

 たとえばホテルオークラ系の場合は、オークラクラブという会員制度がある。なんと入会金も年会費も不要。

 サービスの内容は、優先的な予約、室料10%オフ。ヘルスクラブの利用料は半額で、夏季の場合には、屋外プールの利用も無料になる。

 さらにミネラルウォーターが1日に2本プレゼントされるほか、ワイシャツの洗濯かズボンのプレスサービスがつくので、ビジネスマンにはうれしい。

 また、2年間に5回以上宿泊した場合には、6回目をスイートルームにアップグレードしてくれるのだ。

 入会審査もさほど厳しくはない。断られるケースというのは、過去にホテルやレストランで代金支払いでのトラブルがあった人、暴行・傷害・強要・脅迫・恐喝・詐欺などの行為のあった人など……。つまりはほとんどの人が会員になれる。

 ちなみに、ビジネスホテルのチェーンでもこういった会員サービスをおこなっていることが多いので、出張の多い人にもおすすめだ。

●ホテルの予約はコンビ二がおトク


 コンビニのローソンには、店頭にある専用端末機を使って買い物や各種予約ができるLoppiというシステムがある。

 なかでも便利なのがJTBと提携して運営されている、トラベル・宿泊のコンテンツ。国内・海外のパッケージ旅行から、交通チケット、航空券など、旅行に必要なさまざまなチケットの予約が可能だ。

 これを使えばホテル予約も簡単で、おトクな情報も見つけられる。とくに安いのが当日宿泊プラン。なんと最大53%もの割引になることもある。

 計画的な旅行でない場合、またホテルや旅館にこだわりがない場合には、ぜひ利用したいシステム。旅先でローソンを見かけたら立ち寄ってみるのもいい。

●宿泊費を格安にできるサイトがある


 今やインターネットは節約の情報源としてもかかせないが、宿泊費を安くあげたい人にぴったりのサイトがある。

 名前はズバリ「トクートラベル」(http://www.coo.ne.jp/)。このサイトで紹介しているのは低料金の宿ばかり。一例をあげれば、先着1名限りとはいえ、1泊2食つきのホテルやペンションが109円というものまである。また、レンタカーやパッケージ旅行も格安で用意されている。

 システム利用料として、1泊につき1人840円支払うことを考えてもかなり安い。宿泊料金にのせられている広告料や送客手数料といったエージェントの手数料を廃止し、会費で運営することで低料金を実現しているのだ。

 先着申し込みであったり、宿泊から1か月は再利用ができなかったり、部屋のタイプの要望が出せなかったりと、いろいろと制限はあるものの、うまく利用すれば宿泊費は大幅に安くあげられる。

●ネット予約で宿の割引ゲット


 ホテルや旅館、ペンションなどを予約するときには、ぜひインターネットを利用したい。今や、たいていの宿でホームページを開設しており、予約状況などが確認できる宿も珍しくない。そればかりか、ネットでの予約のみ、値引きになる場合もある。

 まずは、気になる宿のホームページをのぞいてみよう。割引があったらもうけもの。たとえば「2人で500円引き」になったりすれば、ちょっとした飲み物代が浮いてしまう。

 その他、ネット上の記事をプリントアウトして持参すると、ワインなどのサービスがついてくる場合もある。

●旅館やホテルの誕生日サービスを利用


 誕生日は、旅行に出かけて思い出づくり……。これは節約の面からも、理にかなっている。誕生日に割引してくれる旅館やホテルが、けっこうたくさんあるからだ。

 各宿のホームページでチェックするか、予約の際に問い合わせしてみよう。本人は20%引き、グループの人も5%引き、などというおトクな宿もある。また、割引だけでなく、ワイングラスなどちょっとした品がもらえることもある。

 ほかに結婚記念日などに対応してくれるところもあるので調べてみよう。

●会社の保養所は狙い目だ


 クーポン券、インターネットでの予約、期間限定キャンペーン……。宿泊代を安くあげる方法はたくさんあるが、身近なものを忘れてはいないだろうか。自分が勤める会社の保養所である。

 まずは、会社の福利厚生を調べてみよう。保養所があればしめたもの。

 社員やその家族は1泊2食でだいたい4500円から8000円と格安で泊まれるようになっている。

 施設がなくても、一般のホテルや旅館と契約して、利用の際に会社から補助が出る場合もある。

 いずれにしても、とてもおトクな制度なので、これを利用しない手はない。

●公共施設の無料開放日を見逃すな


 家族サービスをしなければならないお父さんのフトコロは、寒くなる一方だ。どこかに遊びに連れていって父親の株を上げたいというときでも、なんとかお金を使わずにすませたい。

 そんな場合は、公共施設の無料開放日を選んで連れていこう。「県民の日」や「市民の日」といった施設を運営する自治体の記念日や創立記念日などは、入館料・入場料を無料にしているところが多いからだ。

 たとえば、子供の好きな動物園の代表、東京・上野動物園の場合、3月20日の開園記念日、4月29日のみどりの日、10月1日の都民の日が無料公開日。9月15日から21日までの老人保健福祉期間中は、60歳以上の人と付き添いのひとりが無料になるから、おじいちゃんが孫へのサービスに連れていってもおトク。

●テーマパークはセット利用がおすすめ


 家族みんなで、恋人と2人で、友達と大勢で……テーマパークは、何歳になっても楽しいレジャースポットだ。

 ただし、入場料に加え、近場でないと交通費や宿泊費など、出費がかさむ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:13468文字/本文:15910文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次