読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1033480
0
お金(得)ハウツー本
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2▼車のガソリンは満タンにすると損だ 知ると知らぬじゃ大違い「余計な出費」をカットする知恵

『お金(得)ハウツー本』
[編]暮らしの達人研究班 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:20分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



フィルムは、24枚撮り3本パックと36枚撮り2本パック、どっちがお得?


 カメラ店の店頭には、フィルムがセットになってパックされた商品が山積みされている。

 二四枚撮り三本パックと、三六枚撮り二本パックというパターンが圧倒的に多いが、どちらも撮影できる枚数は七二枚。値段も一二〇〇円前後と、あまりかわらない。では、どっちを買うのが得なのだろうか?

 この場合、ちがいがでるのは現像代。現像代は、二四枚撮りも三六枚撮りも、かわらないことが多い。ということは、二四枚撮り三本パックの場合は、現像代が三本分かかるのに対し、三六枚撮り二本パックのほうは、現像代が二本分ですむということになる。

 というわけで、やっぱり三六枚撮り二本パックのほうがお得というわけ。

 ただし、三六枚撮りの場合は、枚数が多いことについつい安心したり、無理やり最後まで撮り切ってしまおうとしたりして、どうでもいい写真をバシャバシャ撮ってしまうことも多い。

 結果として、いちばんお金のかかるプリント代がかさみ、カメラ屋さんの思うツボという場合もあるので、注意が必要だろう。


カセットテープは何分ものが一番得か


 ウォークマンが定着してから、カセットテープの消費量は飛躍的に拡大した。種類も豊富になり、ノーマルテープのほか、クロムテープ、メタルテープなど多士済々(たしせいせい)。長さも従来の三〇分、六〇分、九〇分、一二〇分にくわえ、CDが普及してからは、一〇分、二〇分、四六分、七二分、八四分とCDの長さにあわせてテープの録音時間も多様化している。

 では、ずらりと並んだテープの山から、いちばんお得な選択法は?

 単純に、カセットテープの一分間あたりのコストパフォーマンスを比較してみると、一〇分テープ(三〇〇円)→三〇円、三〇分テープ(三四〇円)→一一・三円、四六分テープ(三九〇円)→八・五円、九〇分(六三〇円)→七円、一二〇分(八七〇円)→七・三円。

 コストパフォーマンスのいちばん高いのは、九〇分テープで、低いのは一〇分テープということになる。つまり、四五分のCD二枚を録音する場合、バラバラで録音するよりも九〇分テープ一本にまとめたほうがお得というわけ。

 ビデオテープでも同じ計算をしてみると、一二〇分テープがいちばん割安なことがわかった。

 どうやら、カセットテープは九〇分、ビデオテープは一二〇分というのが、うな丼の“竹”ということのようである。


ワープロの印刷はリボンより感熱紙が得


 ワープロに打ちこんだ文書を印刷するには、ふたつの方法がある。ひとつは、ふつうの紙にインクリボンで印刷するというもの。もうひとつは、インクリボンを使わず、感熱紙に印刷するという方法である。

 リボンを使う場合、ふつうの紙より、熱転写用ワープロ用紙を使ったほうがきれいに印刷できるのは、知っている人も多いことだろう。

 では、ここで比較。A4の紙一枚に一〇〇〇字、これを一〇〇枚印刷する場合、もっとも安い方法はどれだろうか。
・ふつうの紙にインクリボン――用紙代約一〇〇円+インクリボン代約二〇〇〇円(五〇〇円×四本)=二一〇〇円。
・熱転写用ワープロ用紙にインクリボン――用紙代約四〇〇円+インクリボン代約二〇〇〇円=二四〇〇円。
・感熱紙に印刷――用紙代約一〇〇〇円のみ。

 というわけで、断然、感熱紙に印刷したほうがお得なのである。

 ただし、知っている人は知っているように、感熱紙に印刷した場合、時間がたつと文字が変色したり、薄くなってくる。

 長期保存したいときは、インクリボンを使うしかなさそうだが、印刷した感熱紙をコピーしておくという裏ワザもある。

 この場合、コピー代がかかるが、一枚一〇円のコピーならば、コピー代も一〇〇〇円しかかからないので、まだお得である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8399文字/本文:9951文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次