読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1034190
0
常識として知っておきたい 日本の三大宗教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
帝釈天――慈悲深く柔和な、仏法の守護者

『常識として知っておきたい 日本の三大宗教』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 映画『男はつらいよ』で、フーテンの寅さんが語る口上には、「帝釈天で産湯をつかい」というフレーズが登場する。もちろんこれは、寅さんの故郷が東京・葛飾柴又の帝釈天(正式には題経寺(だいきょうじ))の参道にあるからである。
「帝釈天」も、もとはインドの神様。古代インドの聖典ヴェーダに、「シャクロー・デーバーナーム・インドラ」という名で登場する。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:630文字/本文:800文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次