読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1035225
0
やっぱり!映画は“女優”でみる! 続・映画生活を楽しくするススメ
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
プチやばい? シリアスづいてるキャメっちに黄信号?

『やっぱり!映画は“女優”でみる! 続・映画生活を楽しくするススメ』
[著]秋本鉄次 [発行]近代映画社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

キャメロン・ディアス


 ボクにとって、キャメロンといえば、アカデミー賞で「アバター」を引っ提げながら、元妻のキャスリン“ハート・ロッカー”ビグローに“惨敗”したジェームズ・キャメロンではない。キャメロン・ディアスのことでぃあす。

 キュートな顔して平気でおバカをやってくれる美人コメディエンヌは昔から大好物のクチ。それもちょっとヤバネタのブラック・コメディ・タッチなら“悪食”のボクとしてはなお食欲をそそるね。わが“キャメっち”(ボクが勝手につけた愛称である。流行らせよう。通常は“キャミー”って愛称だろうが)はデビュー作にして出世作の「マスク」で、ジム・キャリー演じる冴えない銀行員が一目惚れしちゃうヒロインを演じた頃はまだ固まり切っていなかった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1898文字/本文:2221文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次