読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1035244
0
やっぱり!映画は“女優”でみる! 続・映画生活を楽しくするススメ
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
やはり外せないパツキン・グラマーの象徴への哀悼!

『やっぱり!映画は“女優”でみる! 続・映画生活を楽しくするススメ』
[著]秋本鉄次 [発行]近代映画社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

マリリン・モンロー


 前著ではほとんど取り上げなかった“パツキン・グラマーの象徴”である。あまりにも有名だし、語り尽くされている気もするので敢えてスルーしたのだが、いわゆる“モンロー本”は何冊も読んできたし、「ノーマ・ジーンとマリリン」などの映画も多数見てきたし、調べもした。最近では藤木ひとみ著の実録小説『マリリン・モンローという女』の“多重人格者モンロー”という視点がユニークだった。よく知られているエピソードも“多重人格”というフィルターをかけると、この20世紀の典型的な悲劇のハリウッド女優に肉薄できるような気がするし、モンローは心理学・精神分析にはもってこいの臨床例ではなかろうか、と改めて思ったりする。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1991文字/本文:2297文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次