読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1035255
0
やっぱり!映画は“女優”でみる! 続・映画生活を楽しくするススメ
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
清純派嫌いの唯一最大の例外? 否、ボクには人妻イメージ!

『やっぱり!映画は“女優”でみる! 続・映画生活を楽しくするススメ』
[著]秋本鉄次 [発行]近代映画社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

キャサリン・ロス

“清純派嫌い”を標榜するボクに一点の曇りもない、とキッパリ宣言をしているが、もし有能な探偵かCIAあたりに極秘調査され、ああは言っていても、人間なんてたたけば普段言ってることと違うホコリが出るものよ、例外があるはず、あの鉄次にも密かに愛した清純派女優がいるはず、そして、その答えはキャサリン・ロス! どうじゃ、相違あるまい。だいたい、パツキンでもないし。お前が芳賀書店の『シネアルバム キャサリン・ロス』を秘蔵しておることも判っておるぞ、と追及されそう。こうして、お白州の前に引っ立てられたボクは有罪か、無罪か?

 デビュー作は西部劇「シェナンドー河」で、一家の長男の若い嫁として気丈にふるまいながらも悲劇を迎える役で、なかなかの印象を残したが、やはり「卒業」「明日に向って撃て!」「夕陽に向って走れ」というアメリカン・ニューシネマの名作3本に続けざまに出たところで、人気沸騰した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1622文字/本文:2020文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次