読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
30
kiji
0
0
1035576
0
BL時代の男子学 〜21世紀のハリウッド映画に見るブロマンス〜
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
揺れる男性性

『BL時代の男子学 〜21世紀のハリウッド映画に見るブロマンス〜』
[著]國友万裕 [発行]近代映画社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 私は2011年に『マッチョになりたい!? 世紀末ハリウッド映画の男性イメージ』という本を出しました。この時は、20世紀末の9本の映画のなかの男性像を論じました。そして、20世紀末は、男性としてのアイデンティティに苦しむ男たちのドラマが現れた時期だと結論づけました。

 生物学的な議論になるのですが、女よりも男のほうが、本質的に脆弱であり、そのため性のアイデンティティが揺らぎやすいということは、フランスのフェミニストのエリザベート・バダンテール、人類学者のデーヴィッド・ギルモアなど、さまざまな人が訴えてきたことなのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:676文字/本文:937文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次