読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1036848
0
仕事ができる女は美しい。
2
0
1
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに

『仕事ができる女は美しい。』
[著]中島孝志 [発行]ゴマブックス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ



 最後までお読みいただきありがとうございます。これで、ますます美人に磨きをかけた、という方もいるでしょうし、「もうブスとは呼ばせない!」と自信満々の方も少なくないと思います。



 ほんにオンナの世界は厳しいようでございます。正統派の美人からエスニック美人、スレンダー美人に性格美人、そうそう電話美人なんてのもありますね。どれか一つでも「美人」という称号をゲットしようじゃありませんか。


「バカな女ほど可愛い」という言葉があります。まったく失礼な話ですが、これは男性が勝手に作った神話です。ただし、バカな女はどこまで行ってもバカ以外の何ものでもありません。


 この言葉を受けて、本当にバカな女になったら最悪。そうではなく、「バカなふり」のできる賢い女性にならなくちゃ。そういう女性がいちばんモテるのです。


 では、「バカなふり」とはどういうことでしょうか? それは男性の顔を立てるということです。



 たとえば、蘊蓄を語り出したら真摯に聞いて上げるのです。

「なんでもよく知ってるのね、あなた」


 自尊心をくすぐられた彼は、もっと教えてあげようとするでしょうね。しかも、いい気持ちで。ところが、

「そんなこと、知ってるわ」

「ずっと前に聞いたことある」


 これではもう会話が続きませんね。

「へぇ、そうなの」

「なるほどねぇ」

「そうだったんだぁ。ちっとも知らなかった」


 女性も誉められたら嬉しいですが、男性は女性以上に誉められたり、認められたりすることが好きな動物なのです。たとえ知ってることでも、はじめて知ったという反応をしてくれる。些細な気配り、心配り。だけど、効果は抜群です。



 本書を読んでさらに「女道」を深めたい方は、『パーフェクト・サクセス・ダイエット徹底ガイド』(講談社)で知られる和田清香さんが、わたしのブログ(http://www.keymannet.co.jp/)に「カオルの男のキレイ塾」という連載を100回も続けてくれました。こちらをお読みいただければかなり勉強になると思います。


 男性と女性どちらにも効き目がありますから、カレシにもさりげなく鮮やかにアドバイスしてあげてください。もちろん、無料ですよ。


中島 孝志

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:0文字/本文:903文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次