読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1036976
0
学校ではあつかえないウラ日本史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
離婚時、女性は必ず三行半が必要だったわけ

『学校ではあつかえないウラ日本史』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 夫が妻に離婚を迫ることを、俗に「三行半を突きつける」というが、この三行半とは、「離縁状」のことである。江戸時代、離縁状を三行半で書いたところから、こう呼ばれるようになった。
「三行半を突きつける」といえば、ふつう、横暴な夫が妻を追い出すというイメージがあるだろう。しかし研究者によれば、必ずしも、夫が主導権を握るケースばかりではなかったという。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:528文字/本文:700文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次