読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1037848
0
うっかり死んでしまわないための死の雑学
2
0
50
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
SMプレイで縛ったら危険な部分

『うっかり死んでしまわないための死の雑学』
[著]上野正彦 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
50
| |
文字サイズ

中世の女性はスタイルを良く見せるためにコルセットを強く締めていました。しかし、傍から見ると美しいというよりも痛々しいという感じです。現代でも中世ほどではないにせよ、かなりウエストを締めつけている女性が多くいます。果たしてそんなことをして体に悪くはないのでしょうか?


 血液が上手く回らず滞ってしまうだろう。だから、体には良くない。ただ、一部分を強く圧迫するわけではないので、それで血液の循環が変わったり、血栓ができたりすることはない。むしろ、影響があるとしたら胃とか腸だと思われる。

 ゆえにコルセットの締めつけで死ぬということは考えられないが、縄で体の一部分を縛ることにより死に至る場合はある。

 これは韓国であった事例だが、睡眠薬で相手を眠らせ両腕と両足の付け根を縄で強く縛って二時間ほど放置していたのだという。しかし、解いて二〇、三〇分後に相手は死んでしまった。

 死因は肺動脈血栓症。縛られた箇所は完全に血液が止まっているわけではない。縛っている二時間の間にも少しは血が流れている。両腕と両足の付け根は太いからどんなに強く締めても手足の先が紫になるくらいの状態で血は流れる。しかし、そういう状態が長く続けば心臓に戻れなくなった静脈はよどんでしまい血栓ができてしまう。それで縄を解いたものだから血液が一気に流れ出し、血栓もその流れに乗って肺や脳の細い血管に詰まってしまったのだ。

 血流によどんだ場所があると、川でもよどんだ場所にゴミが集まるように、血管の中に血栓ができてしまう。それがいきなりフリーになれば、血栓は流れの本流に乗って勢いよく流れて行ってしまう。

 これはエコノミー症候群と仕組みが同じだ。栄養を摂っている屈強なスポーツマンでさえ、飛行機で五、六時間も動きが制限されると血液のよどみから足の付け根に血栓ができる。それがひょいと動いた瞬間に血栓が飛び出し、肺の血管に詰まって肺動脈血栓症になってしまう。それとまったく同じだ。

 そこで気をつけてもらいたいのが、SMプレイなどの素人による両腕と両足の付け根への縛りだ。きつく長時間縛るという行為は決して良くない。ましてやそのまま放置プレイなどをおこなうと血栓ができてしまい、解いたときが大変危険になる。

 ちなみに手首は強く縛っても割りと大丈夫だ。細い毛細血管ばかりなのでよどみができないからである。よどみは太い血管ほど起こりやすいのである。

 たとえ冗談でも太い血管を縛ることになる行為はやらないほうがいい。動脈硬化を持っている人はなおさらだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
50
残り:0文字/本文:1048文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次