読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1037898
0
毒の恋愛学
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●運命は変えられても宿命は変えられない

『毒の恋愛学』
[著]藤田徳人 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


運命と宿命の境界線はどこにある?


 さて、あなたは占いは好きでしょうか? たとえばとある雑誌の星占いに、あなたの今日のラッキーカラーは<赤>と書いてあれば、赤を身につけて運気がよくなることを期待するものです。そう、つまり<運>は赤を身につけるという行為により、変えることができるものです。占いで「今日は交通事故にあうかも」と言われても、その分気配りしていれば事故を避けることができます。だからこそ占いが流行するわけです。ギャンブル運が悪い日で、0・1%しか当たらないパチンコ台に座ったとしても、その台を1000回まわせば1回必ず当たるわけです。つまり運は努力によって変えられるものなのです。


 運が悪ければその分、気をつけたり、数多くトライする。それで運気を上昇させることができます。ところが私たちはどんなに努力したところで変えられないものを持っています。それが宿命です。例えば、人間に生まれたという宿命のせいで、犬と結婚して子供を産むことができません。もちろん、科学が発達して、犬と人間のかけ合わせができるようになる時代が来るかもしれませんが、それは今の時代に生まれてしまったというのが宿命であり、これも変えることができません。宿命とはその人が背負って生まれたものですから、その宿命がどれほど残酷なものであろうと受け入れなければなりません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4502文字/本文:5071文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次