読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1037910
0
毒の恋愛学
2
0
1
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●不倫を科学する

『毒の恋愛学』
[著]藤田徳人 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


不倫は遺伝子の命令

「不倫は文化だ」と捨てゼリフを吐いた俳優Iさんの話は有名ですね。不倫は倫理的に認められないからこそ不倫という名前がつくわけですが、不倫を一度でも経験したことがあるという女性はかなり多いのではないでしょうか。それは不倫は文化ではなく、人間の遺伝子に仕組まれた本能であるからなのです。


 つまり、不倫をして子供を産み落とすということは、いくら法律で規制し、悪徳と宣言しようとも、不倫するなと圧力をかけたとしても防ぐことは不可能で、本来人間は不倫をする生き物だということがわかります。もしも、人間が原始生活を営んでいたとしたら、不倫の子は50%くらいの確率で存在するかもしれないのです。


 さて、そういう不倫の本能をここでは科学的に追究していきたいと思います。生物学的に言うと、不倫は文化ではなく、遺伝子の命令であるということです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:2945文字/本文:3315文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次