読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1037917
0
毒の恋愛学
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
●中絶は罪か? 救世主か?

『毒の恋愛学』
[著]藤田徳人 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


中絶経験者は実に多い


 女性にとって、自分の体の中に芽生えた小さな命を抹殺することはどれほど悲劇なことでしょう。どんな境遇であったとしても、必ずあなたのDNAを受け継いでいる愛しい命です。その命を抹殺することの苦しさ。そして自分の母体まで傷つけてしまう人工妊娠中絶手術。


 キリスト教圏内では倫理的に許されていない中絶手術ですが、それでもアメリカでは、産婦人科医の調べによると、中絶手術の経験者は4割以上とも言われています。実に2人に1人は経験するかもしれない中絶は、どうしてこのように身近に起こってしまうのか? 手術経験者は「私だけこんな悲惨な目に……」と思うのですが、意外にも多くの女性が経験しているというこの事実。「倫理的に間違っている」という通り一遍の言葉だけではかたづけられません。心にも体にも大きなダメージを受けるこうした中絶はなぜ絶えないのでしょう? 今回は、恋愛で避けて通ることのできない妊娠中絶について、生物学的に、科学的にアプローチしてみることにします。

今は中絶、昔は間引き


 アメリカでは今でも、人工妊娠中絶手術に対して論争が巻き起こっています。キリスト教ではご法度とされており、中絶手術を容認している産婦人科医が殺される事件すら起こっているほどです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4253文字/本文:4787文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次