読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1038210
0
かなりHな心理学
2
0
85
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
これが女性の「今夜はOKよ」サインだ!

『かなりHな心理学』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
85
| |
文字サイズ



 女性の「今夜はOKよ」サインを学ぶ前に、大前提として押さえておきたい点がある。それは、女性が発するさまざまなサイン、シグナルは、男を口説(くど)くためのものではなく、男に口説かせるためのものであるということ。この大前提をわきまえておかないと、せっかくのチャンスを逃すことになるだろう。

 さて、作家でエッセイストの田口ランディ氏によれば、女性が発する「今夜は、Hしてもいいよ」シグナルには、次の三つのパターンがあるという。
(1)やたらと自分の髪に(さわ)る。
(2)故意に視線を合わせる。
(3)男の肩や手を叩く。手で自分の口を隠す。
(1)と(2)は、かなりストレートで明快なシグナルだが、(3)の「手で自分の口を隠す」には、男には想像できない秘密めいたニュアンスがこもっている。

 じつは、(くちびる)は内臓の延長であり、肉体の内と外をつなぐ扉でもある。つまり、唇をしきりに隠すという行為は、体の奥の欲求=性的欲求を包み隠そうとする行為であるというわけだ。ここにこそ、女性心理の一筋繩(ひとすじなわ)ではいかない部分が端的(たんてき)に表れている。
「“してもいい”なんて、あからさまには表明できないのよ。それがおわかり?」というわけで、それもまた、男が敏感に感じとらなければならないシグナルのひとつなのである。

 女性のほうからストレートに誘いかけてくる、などと期待してはならない。女性が発する「してもいいシグナル」は、男性に誘いかけさせるためのきっかけを与えているにすぎないということをお忘れなく。どんなに革新的な女性でも、女は誘われてナンボ、という古風な考えを潜在的にはもっているものなのだ。

 女性は、性行為において、「あそこまで誘われちゃえば、仕方ないわね」という自分自身への言い訳を求めている。ということは、裏を返せば、その言い訳づくりにせっせと協力してやることが、口説き術の極意(ごくい)なのである。

 だから「してもいいシグナル」を読みとった瞬間から、男は、誘ったのはあくまでも男サイド、という構図になるようつとめなくてはならない。女性サイドからシグナルを送ったことなど、相手に忘れさせるくらいの努力はしてほしいところだ。

 ここまでいえば、すでにおわかりだろうが、「君、しきりに髪を触っているけど、それって僕を誘ってるのかい?」なんて質問は、けっしてしないように。その瞬間に、すべてはオジャンになると覚悟していただきたい。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
85
残り:0文字/本文:1015文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次