読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1038252
0
かなりHな心理学
2
0
0
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
女は理屈ではなく“感覚”で口説け

『かなりHな心理学』
[編]博学こだわり倶楽部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


柔肌(やわはだ)の熱き血潮に触れもみで
さみしからずや道を説く君


 大正時代の女性詩人、与謝野晶子(よさのあきこ)の短歌である。かみくだいて意訳すれば「あたしを抱こうともしないで、人生哲学を説くあなたという男は、あたしのさみしさがまったくわかっていないのですね」ということになる。

 歌の味わいが消し飛んでしまったのはさておき、これほど端的に男の論理と女性の皮膚感覚のスレ違いを言い表した歌はほかにない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:829文字/本文:1028文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次